しわに効く美容液の隠れたヒミツ~美容マニア必見情報~

レディー

選ぶポイント

スキンケア

ニキビ跡は中々、手強い存在で本来のニキビよりも治すことに苦戦している人は多いでしょう。ニキビ跡にはいくつか種類がありますが、多く見受けられるのが赤みタイプです。赤みタイプのニキビ跡は炎症が落ち着いた後も肌に残り、白い素肌に大きな存在感を与えています。1週間から1ヶ月と人によって治るまでの期間が異なるので、早く治したい人は保湿効果の高い基礎化粧品を使って肌をケアしましょう。保湿効果の高い基礎化粧品を選ぶポイントは、ビタミンc誘導体やヒアルロン酸、プラセンタなどの美容成分が入っているかということです。化粧水や乳液、美容液によって配合している美容成分が異なるので、高い保湿効果が得られる基礎化粧品を選びましょう。特にビタミンc誘導体はニキビ跡に効果的なので、赤みタイプ以外のニキビ跡で悩んでいる人にも最適です。洗顔やクレンジングした後は、忘れずに基礎化粧品で肌を保湿してあげましょう。

厄介なニキビ跡の赤みを治すには、刺激の少ない成分が配合されている基礎化粧品を選びましょう。基礎化粧品には肌を清浄に保つために、強い殺菌成分を配合している場合があります。しかし殺菌成分が強いとニキビに刺激を与えてしまうので、基礎化粧品を購入する際はグリチルレチン酸ジカリウムやグリチルレチン酸ステアリルなどが配合されている方を選びましょう。また殺菌成分が入っていないことをチェックするだけでなく、ターンオーバーを促進してくれる成分が入っているかも重要です。プラセンタやダーマホワイト、アスコルビン酸などはターンオーバーを促してくれるので、ニキビ跡の赤みをキレイに改善してくれます。刺激を与えることなく、肌を再生してくれる働きを持つ基礎化粧品を選ぶことが大切なポイントなのです。